ニュース

新型コロナウィルスに関する緊急事態宣言を受けた対応について

2021.1.7

いつも白馬岩岳スノーフィールドにご来場いただき、ありがとうございます。
本日、新型コロナウィルスの感染拡大を踏まえて、首都圏の一都三県において「新型コロナウィルスに関する緊急事態宣言」が発令されました。当スキー場ではその宣言の内容を吟味させていただいた結果、また、アウトドアで個人単位で楽しむスポーツ・レジャーであるというウィンタースポーツの特性を踏まえ、以下のような対応を進めてまいりますのでご了承ください。
なお、県内での感染状況の推移や自治体からの要請等の状況に応じ、今後対応を変更する可能性がありますので予めご了承ください。

1. これまで通り「スキー場運営における新型コロナウィルス感染防止策」( 感染防止対策 )を徹底しながら、スキー場       の運営を継続いたします。

2. 来場地域の制限は致しません。ご来場の可否は、お客様がお住まいの地域の行政から出されている方針などを踏まえて     ご判断いただくようお願いいたします。

3. 「スキー場運営における新型コロナウィルス感染防止策」には、列の間隔の保持、マスクやグローブの着用、手指の消     毒など、お客様にご対応いただく事項も多いため、これまで以上のご協力をお願いいたします。

4. スキー場内外でのイベント(岩岳感謝祭など)についても、マスク着用の徹底やソーシャルディスタンスの保持、来場     履歴の取得など、感染症対策の徹底を行いながら、原則予定通り開催していく予定です。

「密にならない」アウトドアでの爽快な時間を少しでも多くのお客様に快適に過ごしていただけるよう、スタッフ一同準備を進めておりますのでよろしくお願いいたします。

白馬岩岳スノーフィールド