ニュース

国道19号片側交互通行への移行について

2021.7.13

隣接地の地すべりのため、2021年(令和3年)7月6日(火)14時20分から全面通行止めを実施している国道19号の長野市篠ノ井小松原地先において、現地点検、応急対策工事が進捗し、安全を確認できましたので、以下のとおり、全面通行止から6時から21時までの片側交互通行規制へ移行する見通しとなりましたのでお知らせします。

《片側交互通行移行区間》 国道19号長野市篠ノ井小松原地先(犬戻トンネル西側坑口付近)L=1.5キロメートル
《全面通行止め解除日時》 令和3年7月14日(水)6時00分~
《片側交互通行の時間及び夜間全面通行止め時間》
昼間(6時~21時)のみ片側交互通行が可能です。引き続き、夜間(21時~翌朝6時)は、全面通行止めとなります。
※緊急自動車及び路線バスについては、夜間も安全であることを確認のうえ、通行可能とします。
※雨天時等は通行止めになる場合がございますのでご注意ください。

国土交通省 関東地方整備局 長野国道事務所:→こちら

また、全面通行止め解除(片側通行)に伴い、アルピコバス白馬-長野線の運行も再開となります。

アルピコ交通株式会社:→こちら

21時以降の参考ルート:→こちら

迂回ルート(山道)経由の場合は長野〜白馬間で約1時間40〜50分ほど時間がかかります。